ここから本文です。

食料品アクセスマップ

1. 食料品アクセスマップについて

近年、「買い物弱者」や「フードデザート(食の砂漠)」といった問題が、日本の各地で拡大しつつあります。農林水産政策研究所では、その問題が日本のどこで生じているのかを全国的に把握するために、GIS(地理情報システム)を活用して食料品アクセスマップを作成いたしました。この食料品アクセスマップとは、2分の1地域メッシュ(約500m四方の区画)という非常に小さな単位ごとに、生鮮品販売店舗への徒歩でのアクセスが困難である人口割合を推計したものです。ここでの「生鮮品販売店舗への徒歩でのアクセスが困難である」とは、生鮮品販売店舗から直線距離で500m以上であることとしています。詳細な推計方法はこちらをご覧ください。

2. 食料品アクセスマップの見方

(1)PDF形式
PDF形式
各都道府県の市区町村界を背景として、2分の1地域メッシュごとに「生鮮品販売店舗までの距離が500m以上の人口割合」を5色で塗り分けています。例えば、オレンジ色のメッシュでは、生鮮品販売店舗までの距離が500m以上の人口割合は80%以上と推定され、多くの住民に取って買い物が困難であると考えられます。空白のメッシュは、そこに居住者がいないことを意味しています。
(2)KML形式
KML形式
PDF形式と同じデータですが、衛星写真を背景として表示させることができます。道路や鉄道などを重ねて表示させて、自由に拡大・縮小できるため、メッシュの詳細な位置を把握しやすい利点があります。
※あらかじめ、Google Earthをお使いのPCにインストールしておく必要があります。また、PCのスペックによっては、表示に時間がかかり、スムーズに動作しない場合もあります。

3. 都道府県別の食料品アクセスマップ(PDF形式)

※平成22年国勢調査に基づく推計結果(平成25年6月更新)

都道府県をクリックするとその都道府県・地域の地図(PDF形式)を表示できます。
※通信環境によっては表示までに時間がかかることがあります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

4. Google Earth用の食料品アクセスマップ(KML形式)

※平成22年国勢調査に基づく推計結果(平成25年6月更新)

Google Earth で閲覧できる食料品アクセスマップのKMLファイルです。都道府県をクリックするとGoogle Earth が起動します。閲覧するためにはご使用のPCにGoogle Earth がインストールされている必要があります。※通信環境によっては表示までに時間がかかることがあります。
Google Earthはこちらからインストールして下さい。

5. 食料品アクセスマップの作成方法について

5.1. 推計方法

食料品アクセスマップの「生鮮品販売店舗まで500m以上の人口割合」は、平成22年国勢調査の「常住人口」、平成19年商業統計調査の生鮮品販売店舗数から推計したものです。対象とする生鮮品販売店舗には、商業統計調査の店舗分類のうち、食肉小売業、鮮魚小売業、野菜・果実小売業、百貨店、総合スーパー、食料品スーパーが含まれています。上記統計からは、2分の1地域メッシュごとに常住人口と生鮮品販売店舗数は把握できますが、そのメッシュ内にどのように分布しているかまでは把握できません。そのため、常住人口はメッシュ内に均等に分布していると仮定したうえで、生鮮品販売店舗がメッシュ内のあらゆる箇所に立地したケースを想定して、確率論的に「生鮮品販売店舗まで500m以上の人口割合」を推計しました。さらに、当該メッシュ内における店舗の数や、隣接メッシュの店舗の立地や数も推計に反映されています。すなわち、当該メッシュ内における店舗数が多いほど、あるいは隣接メッシュの店舗数が多いほど「生鮮品販売店舗まで500m以上の人口割合」は減少します。推計の詳細については、「食料品アクセス問題の現状と対応方向」(PDFファイル)の186頁以降をご覧ください。

5.2. 2分の1地域メッシュについて

「地域メッシュ」とは、経緯度に基づき方形に分割されている地域区分のことで、それを単位地域とした統計データの公表などによく利用されています。2分の1地域メッシュは、緯度15秒、経度22.5秒で分割された区画です。メッシュの大きさは特に緯度によって異なりますが、東京都千代田区の2分の1地域メッシュは、短辺(南北方向)が約462m、長辺(東西方向)が約566mです。「生鮮品販売店舗まで500m以上の人口割合」の推計に際しては、それらの地域メッシュの大きさの差異を考慮に入れてあります。

5.3. 使用データ

5.4. 注意点

既述の通り、食料品アクセスマップの「生鮮品販売店舗まで500m以上の人口割合」は上記の統計データから推計されたものため、実数とは異なりますのでご注意下さい。

6. 食料品アクセスマップの主要指標

(クリックすると別ウインドウで開きます)

6.1. 生鮮品販売店舗まで500m以上の人口・世帯数推計(New)

6.2. 住民意識調査結果(全国3地域)

6.3. 全国市町村意識調査結果

 

7.公開資料や関連リンク

7.1. 研究成果報告会等資料

7.2. 報道発表資料

7.3. GIS活用事例としての紹介

7.4. 食料品アクセス問題ポータルサイト

7.5. おもな新聞・雑誌等の掲載情報

7.6. 学術論文等

8.引用・転載について

このページに掲載している本文および地図データ(PDFおよびKML)を引用する場合には、出典として「農林水産政策研究所食料品アクセスマップ」の表記をお願いします。転載・再配布する場合には、お手数ですが事前に下記連絡先までご連絡ください。

9.連絡先

農林水産省 農林水産政策研究所
薬師寺哲郎・高橋克也
電話: 03-6737-9012(広報資料課)

 

組織案内・調達

関連リンク集